資格の難易度は?

あなたが気になる資格の難易度を大公開!!

気になる資格の難易度?

よく資格に難易度と言われていますが、何を基準に決めているのでしょうか?
これは、一定の基準を示すには、ちょっと難しいですが、
何点か項目があるので参考にされると良いです。

 

まず1つ目ですが、合格率です。
多くの方が、合格率で資格の難易度を示すのではないでしょうか?
弁護士、社会保険労務士、行政書士、司法書士など法律が必要な分野の資格は、
難易度が高いと言われています。

 

それは、合格率が非常に低いからです。

 

毎年ではありませんが、これらの資格の中には1回の試験の合格者の割合が
100人受けて2人しか合格しない場合があります。
それほど難関なのです。

 

なぜ難しいかというと幅広い分野の勉強と量にあります。

 

次に示す項目は、国家資格か民間資格かということです。
一般的に国家資格は、難しいと言われています。
なぜ難しいかというと国家資格の場合、それだけの責任を負う義務があることが多いからです。
したがって試験の内容等が難しくなっているのです。

 

民間資格の場合、それほど難しい試験ではありません。
民間資格の場合は、大きな責任を負うことは少ないでしょう。
もちろん、ある一定の責任において仕事を行うことは求められます。

 

資格の難易度を表す指標は、他にもあるかもしれませんが、この2つが一般的です。

※さらに詳しい様々な資格ランキングを知りたい方は こちらの資格ランキングサイトをご覧下さい。
難易度はもとより、年収などについてのランキングも掲載されております。


ホーム サイトマップ