資格の難易度は?

あなたが気になる資格の難易度を大公開!!

難易度が高いと言われるなかでも上位にランキングされる資格教えます パート2

資格の難易度なかでも、今回は、よく上位にランキングされるものを教えますが、
超難関と言われるよりも少しランキングが落ちると思って良いです。
ただし、あくまでも参考です。
とういうのが年度によっては、上位にランキングされない場合もあるので、
よく聞かれるなかでといった位置づけと思ってください。

 

超難関と言われない難易度だけれども結構レベルが高い資格ですが、
中小企業診断士、社会保険労務士、情報セキュリティアドミニストレータ、建築士などがあります。

 

超難関ではないので難易度は低いかというと、そうではありません。

 

合格率は、毎年多少の変化はあるものの、この中には、1回の試験の合格率が、数%という資格もあります。
したがって難関には違いないのです。

 

この中でも最近、難易度が高くなってきているのが社会保険労務士です。

 

社会保険労務士は、社会保障などの書類を作成する仕事で、
申請書などを作成するのが主な仕事です。
場合には、企業に行ってアドバイスすることもします。

 

アドバイスを行うぐらいの知識が必要なため、幅広い知識が必要というわけです。
間違いがあっては、企業の利益が下がることだってあります。
つまりそれだけ大変責任ある職業なのです。

 

中小企業診断士においても、経営の相談などに応じるのですから、
幅広い知識が必要なのでたくさん勉強することが必要です。

 

これらのように、幅広い知識が必要とされている資格が、
難易度が高いのです。


ホーム サイトマップ