資格の難易度は?

あなたが気になる資格の難易度を大公開!!

難易度が高いと言われるなかでも真ん中にランキングされる資格教えます パート1

資格の難易度のなかでも、今回は、よく真ん中あたりにランキングされるものを教えます。
ただし、あくまでも参考です。
とういうのが年度によっては、真ん中あたりにランキングされない場合もあるので、
よく聞かれるなかでといった位置づけと思ってください。

 

資格のなかでも、あまり難易度が高くないと言われているなかには、
土地家屋調査士、通訳案内士、証券アナリストなどがあります。
これらの資格は、正直あまり聞かないと言われる方も多いでしょう。

 

土地家屋調査士とは、土地や家屋がどこにあって、どのような形状であるかを調べる仕事です。
そして調べた結果を登記までする仕事です。
簡単にいうと、土地の調査をしてきちんと地図などに反映させる仕事です。
不動産情報の元になる大切な仕事です。

 

次に、通訳案内士は、国家資格です。
したがってきちんと勉強しないとできない職業です。
仕事の内容は、外国来た観光客の観光案内をする仕事です。
外国人を相手にするので当然通訳が必要になります。
通訳をしながら観光案内をする仕事です。

 

証券アナリストですが、市場の動向も見極めることが要求される仕事です。
証券、金融、経済全般の知識が必要な職業です。
その時々の市場調査をするのが主な職業です。


ホーム サイトマップ