資格の難易度は?

あなたが気になる資格の難易度を大公開!!

難易度が高いと言われるなかでも真ん中にランキングされる資格教えます パート2

資格のなかでも、今回は、よく真ん中あたりにランキングされるものを教えます。
中間の難易度だと思って良いです。
ただし、あくまでも参考です。

 

とういうのが年度によっては、真ん中あたりにランキングされない場合もあるので、
よく聞かれるなかでといった位置づけと思ってください。

 

一般的にいうと標準レベルに位置づけされていると考えて良いと思います。
難易度は、それほど高くはないとされています。

 

一般的に標準レベルとされている資格には、
国際会計基準(IFRS)検定試験、CIA試験、
CFA(米国証券アナリスト)試験、米国弁護士などです。

 

標準レベルと言われていますが、おそらくこれらの資格を知らない人は多いかもしれませんし、
名前を聞いたとしても内容を知らない人は多いと思います。
今回、簡単に紹介しておくので参考にしてみてください。

 

 

まず、国際会計基準(IFRS)検定試験ですが、
母国語で受験できる試験で、会計の知識を勉強する試験です。
多くの人が、この資格だけで仕事はしておらず、
会計監査やコンサルタントの仕事をしている人が取得をしています。

 

次にCIA試験ですが、簡単にいうと企業の内部を監査する人を育成するための試験です。
あまりメジャーとはいえませんが、重要な資格のひとつです。

 

米国弁護士ですが、弁護士のなかでも国際的に活躍できます。
大卒の法学部で4年間きちんと勉強すると合格できると言われています。


ホーム サイトマップ