資格の難易度は?

あなたが気になる資格の難易度を大公開!!

難易度が簡単とされるにランキングされる資格教えます パート1

資格のなかでも、今回は、比較的簡単とされているランキングされるものを教えます。
ただし、あくまでも参考です。
とういうのが年度によっては、簡単とあつかわれない場合もあるので、
よく聞かれるなかでといった位置づけと思ってください。

 

一般的に簡単とされている資格の中ですが、日本語教育能力試験、
初級シスアド(ITパスポート)、社会福祉士、消費生活アドバイザーなどがあります。

 

これらの資格の難易度が低い理由には、これだけでは生活をささえるだけの収入を得ることは難しいことです。
特に日本語能力試験においては、これだけを持っていても就職もできないかもしれません。
社会福祉士は、この資格を持っていれば就職は可能です。
ただし高収入は、望めないでしょう。

 

資格の難易度でも、簡単とされているものには、
キャリアアップとして扱われているものが多いです。
消費生活アドバイザーなどにおいても、どこかに就職していて、
そのなかで活躍できる資格です。

 

ただしこれらの資格は、きちんと勉強しないと合格はしません。
簡単と言われている資格は、合格率は高いですが、
きちんと知識が身についているかどうかは必要とされています。
受験されるのであればスクールに通うのも良いかもしれません。


ホーム サイトマップ